ゆずっこ主婦♪             ステキな奥様目指して        努力の日々。。。
by tomo-mimi
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

記録 手術当日編

手術当日編



1月 9日
8時:絶水開始。

9時:診察。
手術の決行を告げられる。

10時:点滴開始。

12時:弱い麻酔をお尻に注射。
付き添っていた母によると、その直後から会話が上手く成り立たなくなったらしい。
でも私自身は、普通に会話してたことを覚えていたつもりだったのに。。。
確かにその時の記憶は、断片的にしか残ってないけど。
手術前記念に・・・と、母に携帯で写真撮ってもらったらしいが覚えていない。
午前中仕事し、急いで病院へ向かっていた旦那と電話で会話したらしいが覚えていない。


12時半:手術室へ移動。
もう既に意識はほとんど無くなっていたけど、ベッドから手術台へ移動した時は覚えてる。
手術室のライトを見て、「テレビで見たことある・・・」と思いながら、完全に意識がなくなる。
本麻酔はいつされたのか分からなかった・・・何秒でおちるか数えようと思ってたのに(笑)


13時:手術開始。
腹腔鏡補助下膣式右卵巣腫瘍摘出術。
全身麻酔。
約1時間半後終了。
目が覚めたのを確認され、病室へ戻る。
麻酔が切れた時はもちろんまだ手術室。
まだ意識ははっきりしてなかったけど、なんとなく覚えてることも有り。
・目が覚めたときは気管に人工呼吸の管が通ってた。
  ・・・けどいつ抜かれたかは全く覚えていないい。
・手術後、看護士さんに最初に言った一言は「トイレ行きたい」
  ・・・ナゼ?(笑)ちなみにカテーテルでいつでも排尿可の状態ですが。
・病室へ戻り母の顔を見た瞬間、泪。。。
  ・・・やっぱり相当不安だったのかな?ちなみに母も泣いてたらしいが、全く覚えておらず。
・ものすごい寒気に襲われ、羽毛布団2枚と電気毛布でようやく落ち着く。
  ・・・その後「暑い」だの「重い」だの文句を言ってたらしいが、もちろん覚えてない。
・意識がだいぶ戻り始めた頃、痛みが増してくる。
  ・・・旦那が手を握っていてくれたらしいが「離して!」と一言。
    ゴメン、覚えてない。
・眠っていても「痛い」とうわ言のように言い始めた。
  ・・・旦那がお腹をさすってくれたらしいが「痛いからやめて!」と一言。
    再びゴメン、やっぱり覚えてない。


夕方:痛み止めの座薬を入れる。
痛み止めが効いてきた頃には、完全に麻酔から覚めた。

21時:酸素マスクが外される。就寝。
痛みで何度も目を覚ます。
同じ体勢のため腰痛にも悩まされる。


手術翌日~退院編
[PR]
by tomo-mimi | 2008-01-26 23:20 | life
以前の記事
カテゴリ
ブログパーツ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧